学校のサポートについて 

学校各専門学校で、様々なサポートをしています。誰でも気軽に利用できるオープンキャンパスは、実際の授業を見学したり、学校内の雰囲気を確認したりすることができます。資料請求でもある程度は下調べできますが、実際に学校に行ってみないとわからないことはたくさんあるので、オープンキャンパス参加するメリットは少なくありません。

コース選びに迷っている人は、コースごとの授業を見学できます。オープンキャンパスは無料で参加できますし、家族や友達と一緒に行ってもOKです。その時に学校説明なども聞けますし、学校によっては個別相談なども受け付けています。

マンガ・アニメの専門学校に行く人にとって、現役の人気マンガ家やイラストレーターが講師をしてくれたらこんなに嬉しいことはないでしょう。実際に人気マンガ家やイラストレーターを講師に招き、プロに指導してもらうこともできます。

実際に専門学校に入学し学んでいく中で、就職する時のサポートがあると安心です。将来の仕事は個人でプロとしてやっていくか、会社に属して社員として働くかなど違いがあります。いろんな可能性がありますが、ビジネスマナーを身につけておくことも大切です。就職サポートがあると安心です。

▼関連サイト▼
学生の皆さまへ専門学校のご案内|就職に強い大原学園

マンガに関するコース

マンガに関するコースだけでもマンガ家コース・マンガビジネスコース・マンガイラストコースなどいくつか種類があります。マンガ家コースは、マンガ家になるためのことを集中的に学びますが、誰でも人気マンガ家になれるとは限りません。学校で学んだスキルをビジネスにも生かせるマンガビジネスコースなら応用が利きます。マンガも描けるしイラストも描けると仕事の幅が広がるのでマンガとイラストを両方学べるコースも人気です。

男の子マンガビジネスコースなら、将来マンガ家やイラストレーターになることもできますし、OAイラストレーターやOAオペレーターという選択肢もあります。色彩検定3級以外にword検定やExcel検定なども取得目標位に入ります。マンガイラストコースなら、マンガ家のアシスタントとして働きながら、イラストレーターという肩書きも持てますので自身でイラストを描く仕事もできます。卒業前にイラストと漫画の作品制作や卒業作品制作なども行うので、制作を自身で体験できるのは大きなメリットになるでしょう。コースによっては、卒業と同時に称号取得も可能です。

マンガ・アニメの専門学校は、コースが多いのでどれを選べばいいか迷ってしまいます。そんな時は学校のサポートを利用するといいでしょう。

マンガやアニメの専門学校

将来マンガ家を目指す人や、アニメーション制作の仕事をしたいと考えている人は、マンガ・アニメの専門学校に通います。マンガ・アニメの専門学校にはいくつかのコースがあり、自分が何を目指したいのかによっても選択肢が変わってきます。マンガ・アニメの専門学校のコースを紹介します。

コース名や内容は各専門分野による違いがあります。一例としては、マンガ家コース、コミックイラストコース、キャラクターデザインコース、アニメーターコースなどです。他にもさらに細かいコースがあって、コースによっては1年制のところもあれば、4年制のところもあります。

ノートマンガ家コースやアニメーターコース、キャラクターデザインコースは大体2年制です。マンガ・アニメの専門学校で学び将来就ける仕事は、マンガ家・マンガ家のアシスタント、イラストレーター、キャラクターデザイナー、グラフィックデザイナー、アニメーターなどです。これらの仕事をするには色彩検定3級が必要ですが、学びながら取得可能となっています。

コースにより多少の違いはあるものの、2年間かけてデザインの基礎、マンガ概論やペン技法、メディア理論やメディア概論、アニメーション原理や表現などを学んでいきます。それと同時にデッサンや各コースで目指す技法、2DCG実習や作品制作を授業に取り入れていきます。マンガもイラストも両方学びたいなら、3年制のマンガ・イラストコースを選べば幅広いスキルを身に付ける事ができます。