マンガやアニメの専門学校

将来マンガ家を目指す人や、アニメーション制作の仕事をしたいと考えている人は、マンガ・アニメの専門学校に通います。マンガ・アニメの専門学校にはいくつかのコースがあり、自分が何を目指したいのかによっても選択肢が変わってきます。マンガ・アニメの専門学校のコースを紹介します。

コース名や内容は各専門分野による違いがあります。一例としては、マンガ家コース、コミックイラストコース、キャラクターデザインコース、アニメーターコースなどです。他にもさらに細かいコースがあって、コースによっては1年制のところもあれば、4年制のところもあります。

ノートマンガ家コースやアニメーターコース、キャラクターデザインコースは大体2年制です。マンガ・アニメの専門学校で学び将来就ける仕事は、マンガ家・マンガ家のアシスタント、イラストレーター、キャラクターデザイナー、グラフィックデザイナー、アニメーターなどです。これらの仕事をするには色彩検定3級が必要ですが、学びながら取得可能となっています。

コースにより多少の違いはあるものの、2年間かけてデザインの基礎、マンガ概論やペン技法、メディア理論やメディア概論、アニメーション原理や表現などを学んでいきます。それと同時にデッサンや各コースで目指す技法、2DCG実習や作品制作を授業に取り入れていきます。マンガもイラストも両方学びたいなら、3年制のマンガ・イラストコースを選べば幅広いスキルを身に付ける事ができます。